キャバクラでお酒が弱くても稼ぐ方法って?

キャバクラで働くには体入が重要

夜の店で働く場合、やはりキャバクラなどはお酒を飲めることが前提となることが多いです。
しかし、中にはお酒が苦手という方もいますし、お酒が弱いためになかなか飲めないという方もいます。
当然飲めない女性は、男性からすると「ちょっとつまらないな」と感じられてしまうかもしれません。
その中でも、実はお酒が弱いながらも活躍しているキャバクラ嬢はいます。
そういった方は、どのように稼ぐのでしょうか。
その点について、今回は紹介します。

お酒が弱いキャバクラ嬢が売れる方法としては、当然ながら他のことで補うしかありません。
例えば、お酒が飲めなくてもめちゃくちゃ可愛い女性だった場合は、男性からの指名も多くなりますよね。
リピーターを獲得することが難しい分、初回の指名を獲得することに力を入れると良いかもしれません。
自分の見た目を磨いていくことによって、お酒が弱い方でも活躍するチャンスはあります。
まずは見た目で一歩の差をつけられるように頑張りましょう。

次に磨くべきものとしては、やはりトーク力ですね。
お酒が強くても、まったくトークが面白くない女性はリピーターが付きません。
逆に、お酒が弱くてもトークが面白い方は、どんどんリピーターが付いてきます。
基本的に飲みたい男性は、自分で飲みながら面白い話がしたいわけです。
当然楽しく話せる女性であれば、お酒の強さなどはあまり関係ないという方も多いです。
そういう客に出会うことができれば、当然稼げるチャンスも多くなりますよね。

その他、接客に全部の力を注ぐというのも良いかもしれませんね。
男性が喜ぶようなしぐさや態度で接客すれば、当然のように「また会いたいかも」と思わせることができます。
また会いたいと思わせることができれば、当然のように利用する方も増えていきます。
そういった方をどんどん増やすことによって、かなり稼げる金額も変わってきます。
お酒が弱いことは、弱点となるわけではないのです。

むしろ、相手をいかに楽しませてあげられるかどうかという点を考えることが多くなるので、当然稼げる金額も大きくなります。
しっかり楽しく働くことができれば、自分自身のモチベーションにも繋がっていくので、まずは自分磨きを極めて行きましょう。
逆に言うと、お酒が飲めるか飲めないかという点は、そこまで関係ないとも言えます。
もちろん飲めることに越したことはないのですが、飲めなくても売れっ子キャバ嬢になっている方はたくさんいるということです。

©2016 キャバクラで体入をしてお店探しをしよう